SEOとSEMの違いとは?

SEOとSEM

SEOについて調べたり勉強していると、“SEM”という言葉も出てきて混乱してしまった!という経験はありませんか?

WEBサイトなどの運営をしているのなら知っておきたいこの2つ。まだその違いがよく分からないという方や、もっとよく知りたいと思う方に向けてSEOとSEMの違いについてご説明していきたいと思います。

目次

SEO、SEMとは?

Webマーケティング

実はSEOとSEMは厳密に言うと“違い”という感覚ではなく、同じ意味合いを持つ言葉になります。

詳しく見ていくと、SEMは“検索エンジンから自身のページへの訪問者を増やすためのマーケティング手法”の総称であり、そのマーケティング手法に「SEO」と「リスティング広告」の2つがあるのです。

まずはSEOとリスティング広告の違いについて、ご説明していきましょう。

SEOとリスティング広告の違い

SEO

SEO

SEOとは、検索エンジンから検索された時に、その検索結果のページの上位に自身のサイトのページが表示されるよう、工夫を凝らすことです。このことをよくSEO対策という言葉で呼んでいます。

Googleなどの検索エンジンでは、利用者であるユーザーにより有益な情報を提供するため、非公開の独自の計算方法で度々表示順位を変更しています。

そのためサイトの内容やタイトルなどを定期的に見直し、表示順位を上げたり下がらないようにするための工夫が必要になるのです。

またSEO対策は「内部対策」と「外部対策」という言葉に分けられます。

内部対策とは、サイトの内容を特に重視した対策のことで、全体のレイアウトや導線を整えたり、検索エンジンに読み取られやすいキーワードを盛り込むなどの方法があります。

外部対策は、自身のサイトを外部サイトからのリンクで繋がるようにし、よりサイトへのアクセス数を増やすことです。そうすることでより検索エンジンからの評価が上がると言われていますが、被リンク元である外部サイトの質も大きく関係します。この外部サイトの質が悪い場合は評価が下がる可能性が高いので、リンクで繋がる時は、相手サイトの内容もよく確認しておく必要があります。

リスティング広告

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの目立つ場所の広告枠を購入し、表示させる広告のことです。

課金方法は、1クリックごとに支払いが発生するというシステムで、掲載位置の順位が高い=より目に入る位置に掲載するほど1クリックあたりの単価が高くなると言われています。

このリスティング広告は、検索連動広告というものがあり、主にGoogleとYahoo!で検索したものに対して連動したものが広告として表示されるものです。

検索結果の一番最初に目に入る部分に掲載されることから、大きな宣伝効果が期待できます。もしもSEO対策が中々うまくいかない、より短期間で効果のある宣伝を行いたいという場合はこのリスティング広告を利用することがおすすめされます。

SEO対策とリスティング広告、どちらも最終的には自身のサイトへの誘致や商品などの購入が目的の活動になります。SEO対策は無料で行えるので、サイトを運営している人なら誰でも自分で対策を取ることができます。

更なる成果を望む場合は、有料でリスティング広告を依頼するのも運営していく上では必要な決断になるでしょう。

まとめ

今回、SEOとSEMの違いをご紹介する記事でしたが、より理解を深めていただくためにSEMの2本柱であるSEOとリスティング広告についてご紹介しました。

そしてこの2つを総称してSEMと呼ぶことを分かっていただけたかと思います。こういったサイト運営のマーケティング手法を理解し、より的確な手法を実行していくことは競争率の高いネットの世界で生き残るためにも必要な力になります。

今はまだあまり対策が取れていないという方は、ぜひこの機会にSEMについて検討してみてください。

関連記事

SEO対策についてもっと知りたい!という方に、下記のような記事も書いています。

あわせて読みたい
SEO対策におけるキーワードの選び方・役立つツール SEO対策の中でキーワードの選び方は非常に重要です。ただ、効果的なSEO対策をするためには、やみくもにキーワードを盛り込めばいいというわけではありません。 いかに検...
あわせて読みたい
メタディスクリプションの使い方-SEOに効果的な文字数・記述方法- SEO対策について学んでいくうちに、メタディスクリプション(meta description)という言葉を目にすることがあります。 言葉は何となく聞いたことがあるけれど、具体的な...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

携帯電話キャリアの技術職→飲食業→医療系の人材紹介業の営業職を経験。
副業としてWebライターや「note」というブログサービスでの運用を経験し、Webマーケティングに興味を持つように。その後、WEBMARKS運営するSEO特化型の『オンラインWebマーケター育成プログラム』にて内部施策・SEO対策・コンテンツ制作・データ分析などのWebマーケティングの知識を実践を通しながら体系的に習得。
現在はSEO対策を中心としたデジタルマーケターとして活動中。

目次
閉じる