SEOに効果的なタイトルの文字数と構成とは?

SEO的に有効なタイトルの文字数

SEO対策のうち、内部対策とされるものの中に「サイトやブログのタイトルのつけ方」という部分があります。

まだあまりSEO対策について詳しくない方にとっては、タイトルのつけ方で表示結果が変わるの?と意外に感じることでしょう。タイトルのつけ方はキーワード選びと同じくらい重要なポイントになるのです。

今回はSEO対策におけるサイトやブログのタイトルのつけ方についてご紹介していきたいと思います。

目次

タイトルのつけ方はとても重要

Google検索

何かを調べたり見たりしたくて検索をした時、多くの検索結果の中からどのページを見るかをどのようにして決めていますか?

きっとほとんどの方が、サイトのタイトルや内容の説明文を見て自分の見たいページを決めていると思います。せっかく検索結果に表示されても、内容を実際に見てもらえなければ意味がありません。

いかに見たいと思われるタイトルをつけるかということが、SEO対策の中でもとても重要なポイントになるのです。

タイトルの文字数でもSEO対策ができる

SEO対策

タイトルの内容自体にも考慮が必要になりますが、実は文字数も大事なポイントになります。

これは、検索結果に表示されるタイトルの文字数には制限があり、もしもこの文字数を超えてしまうとSEOキーワードが省略されてしまう可能性があるからです。

そのため、検索結果に表示させたいSEOキーワードは制限文字数の中に盛り込み、ユーザーに見てもらえるようなタイトルにしなければならないのです。

そして様々な調査の結果、タイトルの最適な文字数は「30文字前後」ということが分かりました。そうすることでパソコンでもスマホでもタイトルが省略されにくいということが証明されています。

なぜ“前後”と曖昧な数になっているかと言うと、Googleなどの多くの検索エンジンでは正式にタイトル文字数の制限数を公表していないからです。

ですので、実際にサイトを作り、パソコンやスマホからインターネットで検索した場合に、どのように表示されているかを確認した結果この30文字前後(30文字から35文字)という数字に至っているのです。

多くの場合、36文字を超えたタイトル文は「…」で省略されてしまいます。(スマホの場合、40文字まで表示される場合もあります)

つまり、タイトルの30文字前後の始めの部分でキーワードを入れることで、検索ユーザーの目に留まりやすくなりクリックへと繋がります。

30文字以降にキーワードを入れてしまうと省略されてしまう可能性が高いので、キーワードの位置にも注意が必要です。30文字前後という限られた文字数の中でいかに目を引く言葉や重要なキーワードを入れるかは頭を悩ませる部分でもありますよね。

例えば、

脚痩せダイエットの方法5選!楽に脚が痩せる方法をご紹介

というタイトルの場合、「脚」「痩せ」という言葉が重複しています。限られた文字数の中で同じワードを使ってしまうのはもったいないですよね。

脚痩せダイエットの方法5選!1週間で内ももにスキマを作れる!

このようにもう少し具体的な部分を盛り込むことで、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。少し言い回しを変えたり、具体的な数字などを入れることでもタイトルの魅力は変わってくるので色々と候補を考えてみましょう。

まとめ

SEO対策の観点からしても、タイトルをどのようにつけるかが重要であることがお分かりただけたかと思います。

他のサイトと必要以上に被らないうえ、検索ユーザーの目に留まるタイトルをつけるためには、既に検索結果の上位に表示されているサイトのタイトルかどのような言葉を使っているかなどを参考にするのもよいでしょう。

サイトを公開した後もタイトルを変更して反応を見るなどしてより良いタイトルを探ってみましょう。

関連記事

SEO対策にご興味のある方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

あわせて読みたい
SEO対策におけるキーワードの選び方・役立つツール SEO対策の中でキーワードの選び方は非常に重要です。ただ、効果的なSEO対策をするためには、やみくもにキーワードを盛り込めばいいというわけではありません。 いかに検...
あわせて読みたい
メタディスクリプションの使い方-SEOに効果的な文字数・記述方法- SEO対策について学んでいくうちに、メタディスクリプション(meta description)という言葉を目にすることがあります。 言葉は何となく聞いたことがあるけれど、具体的な...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

携帯電話キャリアの技術職→飲食業→医療系の人材紹介業の営業職を経験。
副業としてWebライターや「note」というブログサービスでの運用を経験し、Webマーケティングに興味を持つように。その後、WEBMARKS運営するSEO特化型の『オンラインWebマーケター育成プログラム』にて内部施策・SEO対策・コンテンツ制作・データ分析などのWebマーケティングの知識を実践を通しながら体系的に習得。
現在はSEO対策を中心としたデジタルマーケターとして活動中。

目次
閉じる